仮想通貨

仮想通貨

ツイッターページになります

金融取引法律 ブログ
仮想通貨 HOME> ツイッター>

仮想通貨のツイッター紹介

金融投資


貨幣(かへい、英: money)とは、商品交換の際の媒介物で、価値尺度、流通手段、価値貯蔵の3機能を持つもののこと。商品の価値尺度、交換手段として社会に流通しているもので、またそれ自体が価値あるもの、富として蓄蔵を図られるもの。



FX情報


硬貨(こうか)とは、一般に何らかの金属(合金含む)で作られた貨幣である。コイン(coin)ともいわれる。かつてコインは基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨やその補助貨幣として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣と並列して素材の価値が額面を大きく下回る硬貨のみが流通する。他方、経済学においては硬貨はハードカレンシー(国際決済通貨)や本位貨幣を指すことばであり、対義語の軟貨(ソフトカレンシー)とは国際決済に用いられない・用いることが出来ない通貨を指す。



FX口コミ


本位貨幣(ほんいかへい)は、その国の貨幣制度が金、もしくは銀に裏づけされている場合(金本位制・銀本位制)に、その平価に相当する一定量の貴金属を含み、実質価値と標記額面との差の無い貨幣のことである。正貨(せいか)とも呼ばれる。貨幣とは本来はこの本位貨幣を表すことばである。これに対して本位貨幣以外の非鋳貨は、貨幣の代用物として、通貨と読んで区別してきたが、銀行券の本位貨幣への兌換性が失われた今日では貨幣と通貨は重複した意味で用いられる場合が多い。また、硬貨という言葉は通常コインという意味で使われるが、経済学ではハードカレンシーの訳語として、国際決済通貨や、本位貨幣のことを表す場合がある。本位貨幣はその国内における最終支払手段として形成される貨幣体系の基本に位置している確定貨幣であるため、本位貨幣と相対する補助貨幣と異なり使用枚数などの制限の無い無制限通用力を有しているので、無制限法貨と呼ばれる。また、本位貨幣は自由鋳造、自由融解が認められている。実際には本位貨幣は流通に十分な量が確保できない場合もあり、この本位貨幣との兌換を前提とした銀行券(兌換紙幣)が発行される。



FX掲示板


補助貨幣(ほじょかへい)は、主たる貨幣、すなわち本位貨幣に対する補助的な貨幣に対して規定されていた名称である。おもに小額決済のために発行されていた。19世紀頃から各国で金本位制が導入された際、銀貨の実質価値が額面価値より減量され補助銀貨となる例が多かった。補助貨幣は本位貨幣制度下における概念であり、本位貨幣が存在しない現在では法令に公式の補助貨幣は存在しない。



金融書籍


臨時通貨法(りんじつうかほう)は、貨幣法で規定されている貨幣に代わり、臨時補助貨幣を発行する根拠となった日本の法律である。通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行に伴い廃止された。1937年に勃発した支那事変(日中戦争)の影響により、補助貨幣の材料でもある軍需用金属(ニッケル、銅など)の需要が増加した。またニッケルはその大部分を輸入に頼っていたため、これらの金属の使用を差し控えて、日本国内で豊富に産出される、または調達の容易な金属で代替した臨時補助貨幣を製造することとした。 1938年6月に、支那事変終了後一年までの時限立法として施行されたが、1942年2月には、大東亜戦争(太平洋戦争)終了後一年まで期限を延長し、戦争終了後の1946年には必要ある時から当分の内に改めるとともに、期限を規定していた附則第二項が削除された。 この法律により、帝国議会による貨幣法の改正を経ずに、時局の推移に応じて貨幣法で規定された貨幣以外の臨時補助貨幣を発行する事が可能となり、それを容易にするために、素材、品位、量目及び形式は勅令で定められた。このため、戦時中は貨幣用資材調達の都合に合わせて様々な素材の臨時補助貨幣が発行された。また、臨時補助貨幣以外に五十銭の小額紙幣を発行し、貴金属である銀を使用した五十銭銀貨の回収が進められた。第二次世界大戦後は貨幣法が有名無実化し、国会による臨時通貨法の改正により臨時補助貨幣の額面の追加が行われ、その形式は政令で定められた。 なお、貨幣法の改正を行わずに臨時通貨法の改正による臨時補助貨幣の額面の追加を行う理由として、1946年7月6日の貴族院臨時通貨法の一部を改正する法律案特別委員会において、素材の需給状況から貨幣法による補助貨幣の製造発行が当分困難であり、貨幣法の改正では金貨の問題があって手がつけられず、臨時補助貨幣及び小額紙幣の発行を継続する必要がある旨を、当時の大蔵大臣石橋湛山が発言している。 1988年4月の通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行により、臨時通貨法を含む貨幣法等の通貨関係法律がまとめて廃止された。



仮想通貨その他